HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.111
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
 
実体験ニュースレターVOL111 2020年4月10日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・先に「釣り情報13」をお読みください。
・太る人の食べ方・飲み方とは?
・話の流れが掴めないとき
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
今回はホテルの厨房からお届けします。
アオサギに好かれる
 
今回はちょっと変わった企画となっております。実は柳井グランドホテルのホームページには私が実際に取材に行き作成した「釣り情報」というのがありまして、先日久しぶりに更新したのですが、普通の釣り情報と違って「釣った魚で料理教室」というコーナーがあります。

ちょうどニュースレターも更新の時期だったので、今回は釣り情報の料理教室をこちらに移し、ついでに料理教室兼贅沢な地魚三昧の宴会中継をすることにしました。ページが限られるのでさっそく食材の紹介に入ります。
 

 
写真下が私が釣っているのがトラハゼで、写真上が同級生のまっちゃんが釣っているのがホゴメバルです。どちらも良型ですが、釣りの模様は釣り情報VOL.13 をご覧ください。
ギザミも釣れて料理を5 品作りました。それがこちら↓。
 
 
上から時計回りでトラハゼの焼霜造り、トラハゼとホゴメバルの唐揚げ、ホゴメバルの煮付け、ホゴメバルのアクアパッツア、ギザミの味噌汁。釣果を調理して酒屋のまっちゃん(しあわせギフト工房まつもと)がうまい酒を持ってくる。新型コロナウイルスの影響で今ホテルは予約がすべてキャンセルになり大変ですが、田舎にはこんな贅沢な気晴らしの方法があるということを今回はお伝えしたいと思います。調理方法は大事なポイントだけにします。

上品な白身が絶品のトラハゼを今回は皮の部分を炙って刺身でいただきました。繊細な味なので醤油を付けずにそのまま口に含み春限定の五橋ファイブのピンク純米大吟醸と合わせると、香ばしい皮の微かな苦味と刺身の甘味、濃厚フレッシュな日本酒の香りと旨味が絶妙にマッチしました。
 


 
瀬戸内の小魚の美味しさを堪能できるのが唐揚げ。トラハゼは中骨まで食べられるよう背開きにして、ホゴは中骨を取って身と別々に揚げます。二度揚げしてカリッカリに仕上げると頭からバリバリ食べられます。フカフカの身と骨の苦味がアーチブルワリーのクラフトビールとばっちり合いました!
 


 
ホゴの煮付けは、ウロコと内臓をきれいにした後、熱湯に数秒くぐらせてから冷水に浸しもう一度魚をきれいに掃除することが臭みを取り旨味を閉じ込めるためにも重要です。
 

 
ホゴとアサリのアクアパッツアは煮る前にオリーブオイルで表面がキツネ色になるまで良く揚げると煮た時に型崩れしなくて美味しさもアップします。写真ではわかりづらいのでホームページで動画をアップしています。白ワインにアサリ、マッシュルーム、プチトマト、玉葱、ニンニクを入れ塩と胡椒を少々。ひと煮立ちしたらバジルとタイムを投入してできあがりです。
 

 
動画紹介
煮る前にオリーブオイルでよく揚げる
※文字をクリックすると動画が表示されます。
 
ギザミの味噌汁は、ブツ切りにして焦げ目がつくまで焼くというひと手間が重要です。あとは大量のギザミと昆布だけで弱火で30分出汁を取ってから味噌で味を調えてください。魚の旨味で「甘い!」と感じるはずです。飲んだ後の〆に最高です。もちろん白御飯にも合うのでこの味噌汁だけで立派なおかずになります。
 

 
美味しく食べるために大切なのは調理で近道をしないこと。私ごときが言うまでもありませんね。瀬戸内海、特に柳井周辺の海はヘドロを噛んでいない極上の魚が手に入るのでこんな贅沢な食事が楽しめます。マグロ、ノドグロ、金目もいいですがブランド魚だから美味しいというわけではなく、むしろ雑魚といわれる瀬戸内海の小魚こそ最高の食材だと私は思います。タコも真鯛もハモも最高です。「魚釣り」と「食」という究極の喜びを久しぶりに堪能した一日でした。(アオサギの写真については釣り情報VOL.13をお読みください。)
 
ダイエット実践報告 その105
「特別なノウハウ?」
2012年、当時42歳で体重が100キロから110キロまでリバウンドしてしまった時に始めた本気ダイエットが3月1日で9年目に突入しました。

これまでの8年間でダイエットに対する考え方も大きく変わりました。ダイエットは入り(食べること)と出(カロリー消費)のバランスで決まりますが、実は40代前半まではたくさん食べてもその分運動すれば大丈夫だと考えていました。
しかし、オッサンでしかも1日のほとんどの時間は仕事をしていなくてはならない状況の中で、たくさん食べた分のカロリーを運動で消費するというのは不可能に近いことだと40代後半にしてようやく理解しました。

だから基本は食事制限がもっとも重要で、『食べたい!』という欲求とどう折り合いをつけるかがダイエット成功の秘訣と言っても過言ではないと今の私は思っています。

すごく単純化してしまうと食べ始めはがっつかないというのが効果があると思います。よく言われていますが、最初にサラダなど野菜を食べて、油物やご飯は少し時間が経ってから食べるようにして、夜はお酒を飲むので煮野菜や豆腐をつつきながらゆっくり食べます。ビールは最初の1 だけにして後は焼酎の湯割りにします。最初の頃はそれを意識的にやっていましたが、今はそれが自分のペースとなったので、ようやく太る人の食べ方・飲み方を卒業できた気がします(笑)。

つくづく思うのですが、何をやるにしても上達、または成功するには奇抜なアイデアや特別なノウハウは必要なくて、本当に必要なことというのは誰もが知っている常識なのだと。

「食べ過ぎたら太る」
こんなことは幼稚園児でも知っていることです。つまりダイエット成功の秘訣というのは、私なんかが言うのは100年早いですが生意気を言わせてもらうと良い習慣をつけること。
これに尽きるのではないでしょうか。

ダイエットを8年続けただけの人間が調子に乗ってしまいましたが、食べることと運動以外ではこの当たり前がまだまだできていません。だから始まったばかりの50代、別の面でも良い習慣をつけていきたいと思っております(笑)。
今月の学び

特別なノウハウを求めることは近道ではなく遠回りをしているのだと思う。

2005年の元旦から16.15キロ減
2020年4月6日の体重
めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その85
「これが原因だ!」
皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始です。今回も英語の学習を進める中での気付きを書かせていただきます。

冒頭で社長が言及いたしました通り、新型コロナウィルスの影響で団体のご予約が全てキャンセルとなってしまいました。そのためどうしても空いた時間が出てきてしまうのですが、この時間を何とか活用しようと考え、まだ始めていなかったリスニングに手を付けることにしました。まだまだ聞き取れない部分が多くお恥ずかしい限りですが、音声に耳を傾け続けることでいつかは曇りガラスが晴れるように全てをはっきりと聞き取りたいと思います。

しかし数を重ねるうちに気付いたのですが、一生懸命聞き取っているのに話の流れが全く掴めないことがありました。当然ながら正答もできず、ひどいときは問題文を聞くことでようやく話題を悟ることさえありました。

何故だろうと疑問を抱きつつ聞き取り練習に取り組んでいたある日、前の小問で気になったことを無意識で考え続けてしまい、ふと我に返ったら既に次の小問の音声が中盤に差し掛かっていた、ということがありました。

「これが原因だ!」私はようやく正体を理解しました。一生懸命に聞き取っているのに無意識で別のことを考えてしまい、音声に集中できていませんでした。幸い自分の癖に気付くことができましたので、今は音声冒頭を意識することで少しずつ話の流れを安定して掴めるようになってきました。

相変わらず気付きが幼稚で申し訳ないのですが、それでも気付かず進むよりは良い、と自分に言い聞かせるようにしています。
まだまだ道のりは険しいですが、これまで通り一歩ずつ努力していきたいと思います。
スナップ写真館 
テニス合宿   バスケットボール合宿
     
サッカー合宿   野球合宿
     
ツーリングプラン   野球合宿
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ