HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.79
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.79 2014年9月12日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・イタリア人の食卓
・汚い話かもしれませんが
・いらいらする状態
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
凡人は時間を味方にする・・・
絶品リゾット
映画のような
映画「ゴッドファーザー」を知らない人はいないと思いますが、食いしん坊の私はゴッドファーザーというと食事のシーンが頭に浮かびます(笑)。

陽気なおしゃべりと料理にワイン。実は『一度でいいから映画のような食事がしてみたい!』という願いが今回叶いました。

“Ristorante Da Nino”(リストランテ ダ ニーノ 東京都港区南青山1-15-19グランドメゾン乃木坂 電話/FAX03-3401-9466 http://ninolentini.jp/

今回も友人の一條さん(湯主一條 ゆぬしいちじょう 宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-48 電話0224-26-2151 http://www.ichijoh.co.jp/)にセッティングしていただきました。

食べ歩きが大好きな私ですが、フレンチ、イタリアンとなると料理もワインもマナーもまったくわからないので腰が引けてしまいます。しかし、おもてなしの仕事にたずさわる人間としては、自己の体験が和食だけに偏っているというのは良くないと思うので、このようなチャンスがあれば積極的に参加するようにしています。

まずはお店の名前と同じ“ニーノ”という銘柄のスパークリングワインが胃を目覚めさせてくれました。そして前菜が運ばれてきて感じたのは『色鮮やか!』ということ。食べる前から陽気な気分にさせてくれます。

パンも素晴らしいの一言。オリーブ入り、黒トリュフ入りの2種類のシチリアのパンも毎朝お店で焼いているそうです。ちょっとちぎって口に放り込んでワインを一口。これだけでワインがいくらでも飲めてしまいそうです。

この日はコースでいただいたのですが、私がこの日一番感動したのは“イカスミのリゾット”。イカスミは私の大好物です。日本のお米と違い大き目のお米が食感を楽しませてくれます。またお米と同じサイズにカットされた帆立と車海老が混ざっているので、食感をさらに引き立たせて、噛むたびに口一杯に磯の香りが広がります。こんな表現が合っているのかどうかわかりませんが、どちらかというと素材本来の味を活かした控えめな味付けで、一口食べてワインを口に含むと相乗効果でお互いがさらに美味しくなるような演出なのだと私は感じました。

しかし、日本ではご飯や麺は食事の締めという感覚がありますが、前菜の後にいきなりリゾット、パスタと続いたのには驚きました。私的には全然嫌いでないと言うか、むしろ大いに気に入りましたが(笑)。

一度食べただけでそれがすべてのように言い切ってしまうのは自分の無知を宣伝するようなものですから「今回は」と付け加えさせていただきますが、前菜、パン、リゾット、パスタは比較的控えめな味付けでしたが、この日のメインディッシュの魚料理(あえて日本産ですがという説明をされたうえで上物のキンキがお薦めと言われたので肉ではなく魚を選びました)はキンキの揚物を日本料理で食べるものとは明らかに違うイタリアンの味付けでいただきましたが、これは濃いめの味付けでした。

オリーブ油や香草を巧みに使っているから口に入れたときの風味がたまりません。ワインもこの味に負けないような濃厚な味わいの一本で、白が続き魚料理でしたがあえて赤を選ばれた一條さんのセンスの良さが光りました。

和食と日本酒の相性が良いように、イタリアンの時はイタリアワインが合うんですね。銘柄を聞いてもさっぱりわかりませんでしたが、料理に合わせて4種類のワインを楽しみました。人数が多いと会話が弾みますが、お酒も少量ずつ多くの種類が楽しめるのがいいですね。

  アントニーノ・レンティー二さん。
前菜、パン、リゾット、パスタ、魚料理、デザート、そして本場のエスプレッソをいただきましたが、やはりイタリア人シェフが作るイタリアンは私がこれまで食べてきたイタリアンとは違い日本的なにおいのしない、まるでイタリアに訪れたかのような驚きを与えてくれました。

エスプレッソも香り豊かなものがデミタスカップにほんの少しだけ。強烈な苦みがまさに締めにピッタリという感じでしたので一気に飲み干しました。

私たちは6時30分から食事をスタートしたのですが、その時間は私たちだけでしたが、8時頃にふと周りを見渡すといつの間にか外国人でいっぱいになっていました。

3時間かけて食事とワイン、そして会話をたっぷり楽しみました。時間を意識したわけではないのですが、料理やワインだけでなくイタリア人シェフが発するオーラのようなものが私たちを自然とイタリア人が食卓を囲むのと同じような感覚でくつろがせてくれました。
ダイエット実践報告 その73
「意外な効果」
本気ダイエットを始めたのが2012年の3月1日で、今これを書いているのが2014年の9月だから開始からちょうど2年半が経過したことになります。

『もう2年半』なのか『たった2年半』なのか?
『たった2年半』ですよね。

8月後半になると年末の忘年会のチラシを作り始めるのですが、まずは過去5年の忘年会チラシを並べて献立などを振り返っていると、一緒に作業していたスタッフが急にお腹を抱えて笑い出しました。何かと思い持っていたチラシを見ると、そこには力士のような私の姿がありました。

『冗談だろう!』というほど太っていたんですね。これを見て笑わない方がおかしいと私自身思いました。

しかし、あの大量のお肉というか脂肪はいったいどこに消えていったのですかね?もちろん徐々に消えていったのでしょうが、ダイエット開始前と達成後の写真だけを比較すると、あまりの違いについついそんな疑問が湧いてきます。

ダイエットをして減量に成功するとスーツなどの仕事着から下着にいたるまですべてを買い替えないといけないというデメリットがありますが、それを上回る健康面のメリットが確実にありました。

これまで血圧や血液検査の結果などをご紹介させていただきましたが、今回は数値化されてはいないのですが、ダイエット前とは確実に変化があったことをお伝えしようと思います。

実は、私は本気ダイエットを開始してから下痢をしなくなったのです。食べることとお酒を飲むことが大好きな私は、ダイエット開始前は頻繁に下痢をしていました。今でもたくさん食べて飲むのは太っていた頃と変わらないのですが、もしかすると毎日のランニングが内臓に良かったのでしょうか?

『ランニングをしたら下痢をしなくなる』なんて話は聞いたことありませんが、ダイエット開始前と開始後で明らかに違うのです。そこまで意識しているのは、ダイエット開始前の私が『頻繁に下痢をするのは何かの病気じゃないか?』と不安に思っていたからなのです。もしランニングにそのような効果があるのなら一生続ける価値はあるかもしれませんね。
 
私はこの写真を見て笑った人を責める気にはなれない。
今月の学び
私は凡人だから短期戦は選ばないないようにしている。
2005年の元旦から16.3キロ減
2014年8月31日の体重
めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その53
「舌が回らない」
私は今年(2014年)の1月に「まずは3月31日までに“ビジネス英語4週間集中プログラムCD付 大島さくら子著 ダイヤモンド社”をマスターします。』と宣言しましたが、9月になった今でもマスターできていません。

毎日毎日テキストを見ずにNativeの読むCDの音声をそっくりそのまま影のようになぞって声に出すシャドーイングをしていますが、なかなか納得できるレベルに到達できないのです。

アホな私は文法を勉強している時には、「こんなことよりももっと実践的なことがしたい!」と思い、実践的なものに触れていると今度は文法の方が気になります。

こんなことを思うからどれも中途半端なんでしょうね。

今の参考書だけを集中的に学んで、『まずは4週間でこれだけは!』というものを頭に叩き込んでから次のステップに進む。とりあえず2014年はこれだけを頑張らないと。

文法、構文、リスニング&リーディング、スピーキングという構成で、今はリスニング&リーディングのテーマ【1】政治【2】犯罪【3】テロリズム【4】マーケット【5】ビジネス【6】経済【7】環境【8】社会【9】医療・健康【10】ストレスの全18話を毎日繰り返しシャドーイングしているという状況です。

最初に取り組んだテーマは滑らかに舌が回りますが、後半に取り組んだテーマはまだうまく舌が回らずやっていてストレスが溜まります。ただ、どれだけ私の成長が遅くても年末まで同じことを繰り返していれば舌も滑らかに回るようになるでしょうから、少しは自信がつくのではないですかね。

いらいらの元はこれ→The smog that engulfed China’scapital was as inevitable as it was apoalyptic.
何度繰り返してもNativeのスピードに付いていけないのです。
スナップ写真館 
野球合宿   同窓会
     
同窓会   テニス合宿
     
サッカー合宿   釣りパック
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ