HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.77
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.77 2014年5月16日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・あなたの夢は?
・悶々と悩む
・もう一度読む山川日本史
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
居酒屋の看板はきれいすぎるよりも・・・
自家製のジャコ天
開拓
私は夢のない男です。

厳密に言うと“でっかい夢”というのがまったく思い浮かばないのです。商売を拡大したいとか、フェラーリに乗りたいとか、豪邸に住みたいとか、これがでっかい夢の具体例なのかというとそれもよくわかりませんが、一見誰にでも簡単に手に入れられるようなことが私にとっては超幸せなことだったりするので、それをいつまでも楽しめる環境を作るということが私の夢かもしれません。

一年に一回出させていただく草野球の試合(チームメイトからは怒られますが)、ハーレーに乗って出張に行く、限りなく友人に近いお客様に同行する釣り、子供達と一緒に観るアニメ(最近は銀魂)、そして半日自由ができた時に本を片手に電車に飛び乗り行く居酒屋巡り。

田舎の小さなホテルを経営するだけでいっぱいいっぱいの私にとっては今のところこれ以上の贅沢・娯楽は考えられません。

以前にも書いていますが、半日仕事をしてから「今日はもう帰るから。」と言って行き先も告げず(携帯で繋がれてはいますが)会社を飛び出て行く居酒屋巡りは本当に楽しいものです。仕事をやりくりしてなんとか時間を作って行くから楽しさが増すのかもしれませんね。

高級店とか庶民的なお店とかそんなことは関係なく、私は作り手の温かみが伝わる料理を探し求めます。

「これが私のオススメよ!」

という心のこもった自慢の一品がいいのです。限られた時間で楽しむのですから、単に流行を追っただけの料理や既製品なんてタダでも食べたくありません。

先日広島で窓越しに見えた清潔感のある料理人達の調理風景と大皿に盛られた見事な食材に魅了されてフラッと引き寄せられた居酒屋さんでいただいたのがこの三品。

“煮込み”“ジャコ天”“真鯛のあら炊き”

お品書きに「自慢」と書いてあるものばかりです。

生ビールもギンギンに冷えていて最高でした。特に分厚くてあきらかに自家製とわかる色合いのジャコ天はビールにも芋焼酎にもバッチリ合ってたまりませんでした。

本当はせっかく見つけたこの店の料理をもっと堪能したかったのですが、時間が限られているので『次回は絶対にあれを食べるぞ!』と未練を残しつつ店を出ました。
 
モツ煮込み。   真鯛のあら炊き。
 
そして向かったのがホルモン焼きのお店。通常ホルモン焼きと言うと皿に盛られた生肉を自分で七輪で焼いて食べるというお店が多いのですが、ここは店主が巨大な鉄板ですべて調理してくれます。

希望すればホルモンと一緒にネギやキャベツも焼いてくれるので、お肉だけを食べる場合よりもお酒が進みます。

“コウネ丼とホルモン汁”は半熟の目玉焼きが乗っていて(写真右)、これを箸で割って肉にからめながら食べます。さんざん飲んで食べた後でも食べたくなる美味しさです。
 
ヤサキ(左)はちょっと酸味のある特製の味噌ダレで食べる。
 
いつも周囲は常連さんばかりですが、みなさんが2〜3人で注文している量よりも私一人が食べている量の方が確実に多いようです(笑)。

作り手の温もりを感じる料理が食べられるお店ってありそうでないですよね。今回も良いお店を開拓しました。
 
ダイエット実践報告 その71
「痛みのおかげ」
私は小学生の頃から大学卒業まで野球をやっていました。上手ではありませんでしたが野球を通じて経験したことは今でも問題解決の際に多くのヒントを与えてくれます。

例えばボールをたくさん投げて肩を痛めた時は、投げることをやめて肩を休めることも重要ですが、

『肩を痛めたのは投げ過ぎが原因ではなく、自分の投げ方が悪いからでは?』

と考えフォームを工夫しました。何でもないようなことのように思われるかもしれませんが、『肩の痛み=投げ過ぎ』と決めつけていたら、自分の投球数に限界ができてしまいます。

生身の人間ですから無限に投げられるはずはないのですが、その頃の私は、同年代のある人にできることが自分にはできないというのはおかしいと思っていたので『その違いはなんだ?』と何年も原因を追及し試行錯誤を繰り返しました(四六時中悶々と悩んでいただけですが)。するとある日突然これまでの自分とは明らかに違う投げ方のコツをつかみ下手なりに投げることに関してレベルが上がったという経験をしました。

実は昨年の11月に田中宏暁先生(福岡大学スポーツ科学部生理学研究室教授)とお出会いしてスロージョギングを知り、それから半年取り組んできましたが、最初は足の脛(すね)のあたりが骨折しているのではないかというほどの筋肉痛になり、次は前回ご報告したように膝が痛くなり、その後今度は右のふくらはぎを痛めました。

私は田中先生が実際にかなりのスピードで1時間走っている姿を見ているので、痛みの原因はスロージョギングではなく自分の走るフォームにあるのだとわかっていましたが、それでも痛くて走れない状態というのは辛いですから、田中先生にお会いした際に「膝が痛くて?」と質問をしてみました。

「おかしいな〜。スロージョギングで痛めるはずないんだけど。もしかして松前さんは歩幅が大きいんじゃないですか?

ピンポーン

でした。スロージョギングに慣れてスピードアップをしたのはいいのですが、私の場合、歩幅(ストライド長)とテンポ(ピッチ)がアンバランスになっていたのです。

田中先生の言われる通り、歩幅を縮めると膝の痛みは徐々に消えました。『よ〜し、これでスロージョギングのフォームをマスターしたぞ!』と思いまたどんどんピッチを上げていると今度は右のふくらはぎを痛めました。

速く走ることが悪いのではありません。速く走るとフォームが崩れて無理な負担がかかったところに痛みが出るのです。

型というのは重要です。また野球の例に戻りますが、試合でホームランを打った選手が「ヒット狙いで軽くバットを振ったのに意外にボールが良く飛んだ。」と言うことがあります。野球では力一杯バットを振るとフォームが崩れてスイングのスピードが遅くなってしまい、逆に力を抜いて振ったくらいの方が、フォームが安定するのでスイングスピードが早くなり結果的にボールが良く飛ぶということがあります。

正しいフォームのままで力を込める。これができれば一番良いのですが、これが簡単ではないわけです。力を入れると頭で描いているイメージと実際の動作のギャップが大きくなるからです。

だからこそ痛みが出た時に『フォームが悪いのでは?』と疑うことが重要なのだと私は思うのです。
 
今月の学び
頭でわかったつもりでも身体が理解していないということは多い。
2005年の元旦から16.7キロ減
2014年4月29日の体重
めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その51
「英文に触れながら」
“ビジネス英語4週間集中プログラムCD付 大島さくら子著 ダイヤモンド社”をじっくりやっています。

文法、構文、リスニング&リーディング、スピーキングという構成でリスニング&リーディングのテーマ1.政治2.犯罪3.テロリズム4.マーケット5.ビジネス6.経済7.環境まできましたが、まだ8.社会9.医療・健康10.ストレスが残っています。

テキストを見ずにNativeの読むCDの音声をそっくりそのまま影のようになぞって声に出すシャドーイングができるようになることが目標ですが、最初は全然できなくても、毎日毎日続けていると段々できるようになってきました。

しかし、新たなテーマに進むと途端にNativeが何を言っているのかまったく聴き取れなくなるのですが、またそれが二週間くらい経つとできるようになってくるので、今はその過程がすごく楽しくなっています。

私には英語の単語や構文を実際の英文に触れながら理解し覚えていくやり方がしっくりくるようです。

そして、前回も少し触れましたが、英語の勉強と言いながらも各テーマについての知識がないと英文の内容は正確に理解できません。だから、歴史や経済など様々な知識を付けていかないと英語の勉強はいずれ行き詰まってしまうと思います。

「あ〜、もっと学生時代に勉強しておけば良かったなぁ。」

ということになってしまうのですが、そうは言っても仕事をして生活していくことがやはり第一ですから、これからは隙間時間を活用して中学高校レベルの復習をしようと思います。まずは2〜3年前に買ったまま埃をかぶっている“もういちど読む山川日本史 五味文彦・鳥海 靖=編 山川出版社”でも読み始めます(笑)。
スナップ写真館 
同窓会   サッカー合宿
     
音楽合宿   同窓会
     
テニス合宿   テニス合宿
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ