HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.50
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.50 2009年5月22日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・人生の楽しみを見つける
・シンプルな解決策
・遠回りをしてはじめてわかること
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
「丸腸ごぼうつめ焼き」
しい世界の入り口で

早いもので、このニュースレターも50号を迎えることとなりました。

2003年8月の1号から読んでくださっている方とは約6年のお付き合いになります。長きにわたってこの駄文を読んでくださって本当にありがとうございます。

私の文章力はなかなか上達いたしませんが、本誌は私の手作りという事実だけが取り柄です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

久しぶりに同級生のバーテンダー、堀川君の登場です。

今回は彼の奥さんもお付き合いくださり、またまた楽しい時間を過ごすことができました。

堀川君がセッティングしてくれたお店は“炊き餃子池田屋(福岡県福岡市中央区大名1-4-28 電話092-737-6911)” さん。

メインの炊き餃子にたどり着くまでにも、工夫たっぷりのアイデア料理が目と舌を楽しませてくれました。

220
シングルモルト余市20年を初めて飲んで、
『いつまでもビールだけて本当にいいのか?』
と思った

まずはギンギンに冷えた生ビールで乾杯して、最初に私の箸が捕らえたのは牛タンつめソーセージ。プリプリに張った皮と歯ごたえのある牛タンを噛みながらビールを流し込むこの絶妙なハーモニーがたまりません。ソーセージはビールをおいしく飲む時に最も相性が良い料理の一つだと思います。
220
牛タンつめソーセージ

次に私の箸が捕らえたのは丸腸ごぼうつめ焼き。旨味のゼリーみたいな丸腸は、噛むと口の中いっぱいに弾けて、通常なら一瞬にして喉を通過してしまいますが、名脇役のごぼうが口にとどまり、独特の歯ごたえと一緒に丸腸の余韻を楽しませてくれます。
220
丸腸ごぼうつめ焼き

夫婦そろって食べることが大好きな堀川夫妻と話していると、ビールも食事もグングン進み、気がつけばお目当ての炊き餃子が目の前に運ばれていました。

食べる前は、味噌仕立てのダシで食べる餃子鍋かなと勝手に想像していましたが、池田屋さんの元祖炊き餃子はイメージ的にはラーメンダシに餃子を入れたものでした。

特製の柚子コショウをたっぷり入れると風味が格段に良くなり、箸が止まらなくなってしまいます。餃子を食べつくした後に残りのスープで仕上げのちゃんぽんを作っていただきましたが、スープを十分に吸い込んだ麺が好みの私と堀川君は、ちょっと時間をおいてから皿に取り一気にズズーッと食べました。

おいしい料理とビール、そして堀川夫妻との極上の会話を楽しんでいるとあっという間に一次会の2時間が過ぎてしまい、ここで翌日が東京出張で朝が早いという堀川君の奥さんと別れて、男二人は二次会場へ向かいました。

隠れ家的雰囲気の外観 冷えた生ビールで乾杯 これが元祖炊き餃子 仕上げのちゃんぽん

二次会は堀川君の先輩バーテンダーのお店Bar Owl(福岡市中央区警固2丁目13-7オークビルU2階 電話092-724-5575)さんにお邪魔しました。

乾杯は堀川君がオールドエズラハイボールで私がフォアローゼスブラックハイボール

以下、すべて堀川チョイスでアードベック10年、イリアック、ブレンドウイスキー フェイマスグラウス、余市20年、マール・ド・シャンパーニュ。

私はすっかりストレートをショットグラスで飲むスタイルが好きになり、しかも二人のバーテンダーの解説を聴きながら味わうことができたので、全く知らなかった深い深いお酒の世界に足を踏み入れることができました。

特に衝撃を受けたのがアードベック10年余市20年で、深い香りと確かな飲みごたえ。そして、喉を通過した後も長く続く余韻に感動しました。

カウンター席から棚いっぱいに並べられた、まだまだ飲んだことのないお酒達を眺めながら、

「あ〜、これからの人生も楽しみがいっぱいあるなぁ!」

と、これまでの人生で味わたことのないお酒の楽しさを満喫していると、またまたあっという間に3時間の時が過ぎてしまい、次は中州で昭和33年創業の老舗ニッカバー七島(博多区中洲4-2-18-1F 電話092-291-7740)さんにお邪魔しました。

ここでは映画とお酒について話が盛り上がりましたが、実は私はうわの空で、最初に堀川君が注文してくれたスカイボールの爽快なおいしさに酔いしれていました。

スカイボールは、銅製のカップに氷をいっぱいに入れるので冷え冷えの口当たりに、飲むとさわやかなレモンの酸味とソーダがたたみ込んできて、さっきまで度数の高いお酒をさんざん飲んでもうろうとしていた身体をシャキッと目覚めさせてくれました。

最後に中ちゃんという、堀川君の知り合いの屋台でおでんと鉄板焼きを食べながらビールを少し飲んで、午前2時30分にプチ同窓会は終了しました。

今回は、奥の深いお酒の世界の入口に立たせてもらったことで、生きる喜びが一つ増えたような気がしました。バーテンダーって大人を楽しませる素晴らしい職業なんですね。

ストレートで酒を味わう
七島のスカイボール
ダイエット実践報告 その38 「現実を見る」

私は鼻と喉が人より弱いので、頻繁に耳鼻科のお世話になっています。実は先日、先生に思い切って自分の悩みを打ち明
けてみました。

私 「先生、私最近いびきがひどいみたいなんですけど」
先生「太りすぎでしょう(即答)」
私 「風邪もしょっちゅうひいてしまうし」
先生「そりゃあ年のせいだね(即答)」
私 「・・・・・」

まるでコントのようですが、私はこのやり取りに非常に重要な真実が含まれていると感じました。

例えば、いびきや風邪を手術で治したり、薬で症状を抑えるということは病院でしていただけることだと思います。

しかし、本当の原因を見つけ出し、根本的な治療を行うというのは、自分自身と向き合うという非常に勇気のいる作業だと思います。

私は自分自身が一番わかっているはずなのに、見たくない真実から目を背けて、努力の要らない治療法を求めていたのかもしれません。

草むしりをするのに、土の上に出ている部分だけを取ってもまたすぐに生えてきます。つまり耳鼻科の先生は、

「根っこから取らないとまたすぐに生えてくるよ」

とアドバイスをしてくださったのでしょう。

「誰でも簡単に・・・」
「今すぐあなたも・・・」
「つらい・・・は不要です」

みたいな“手軽さ”というのは、草むしりを根っこを残したまま行って、一瞬だけきれいになったと錯覚をするようなものだと思います。

しかし、本当の安心を得たいのなら、見たくない真実と向き合い、その原因を根っこから引き抜くような“完全決着”を目指すべきではないでしょうか。

気候が温かくなってから自転車でのトレーニングを再開して2ヶ月。知り合いには相変わらず、

「松前君また大きくなったなぁ!」

と言われていますが、私は自分自身の身体が確実に良い方向に変化していることを実感しています。

“当たり前の真実”“シンプルな解決策”というものが、今はあらゆるシーンにおいて非常に重要になってきているような気がします                                                                         (続く)

今月の学び
完全決着を目指そうじゃないか!
2009年5月20日の体重
2005年の元旦から2.1キロ増
めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その25〜「今日からコツコツを始めよう」
私は子供の頃、学校の授業の予習や復習どころか、宿題もまともにしたことがありませんでした。

そんな私が子供に向かって、

「遊ぶ前に宿題を終わらせなさい!」

と言っているのですから、説得力に欠けるかもしれませんが、短期間で大学受験に臨んだり、その経験を生かして大学時代は家庭教師をしたりして気付いたことは、

「毎日コツコツやっておけばそんなに無理なスケジュールを組むこともなかったのに・・・」

ということ。

英語もただ試験のために勉強すると考えず、習得して通訳なしでネイティブと話すことを目的にしてしまえば、毎日コツコツ暇さえあれば英語のCDを聴くとか、単語の一つでも覚えるということが自然と習慣になるのです。          (続く)
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ