HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.49
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.49 2009年2月1日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・子供に変身?
・不都合な真実とは?
・オバマ大統領と英語学習
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
「チェンジ!」
めた人が楽しい

2008年11月28(金)から29日(土)にかけて、
息子と一緒に引退間近の0系新幹線に乗ってきました。

仕事を済ませてから夕方博多に向かって出発して、翌朝
柳井に戻るというスケジュールが幸いしたのか、私の急
な思いつきにも関わらず“0系新幹線こだま”の切符が
取れました(意外にすいていました)。

実は息子は大の鉄道ファン。しかも、物心付いた頃から
一途なので、わが家にはテレビゲームの類は一切ありま
せんが、鉄道の模型と本だけはたくさんあります。

今回の“0系新幹線こだまの旅”は、息子が産まれてか
ら今まで、仕事一筋でまったく父親らしいことをしてや
れなかった私の“懺悔ツアー”の意味合いもありました。

「お父さん、やっぱ0系は乗り心地が違うでしょ?」

220
さようならO系新幹線

窓際が息子、通路側が私という並びで座席に腰を下ろしたかと思うと、まるで自分の所有物を自慢するかのように息子は語り始めました。

新しさや便利さ、快適さがカッコイイこととイコールではないところに、趣味を極めることで味わえる深みというか、本当の喜びみたいなものがあるような気がします。

「松前さん。あんたいいなぁ!」

前回の本紙48号を読まれたハーレー乗り、釣り好き、ゴルフ好きの方々から、こんな声を多くいただきました。

田舎でのオフの過ごし方をご紹介してこれほど反響があるとは思いませんでしたが、こんな恵まれた環境で楽しく暮らしている私でも、趣味を極めた人と出会った時は、

『うらやましいな〜』

と思います。極めている人達は、同じ趣味の仲間と話す時、すごくいきいきとしていて楽しそうです。まるで、少年のように.....

「あなたには本気で打ち込んでいる趣味がありますか?」

残念ながら、私はまだ“極める”というほど趣味に打ち込んだことがありません。強いてあげれば、子供の頃からやっている野球がそれに近いかもしれません。

「趣味を極めているかどうか?」
というのは、
「道具(又はコレクション)をどれだけ大切に扱っているか?
を見たらすぐにわかります。

息子の例をあげるまでもなく、ハーレー、釣り、ゴルフなどでも、道具(又はコレクション)に対する接し方でその人の本気度はわかります(道具については私のブログ“ハーレーツーリングレポート8話〜10話”で書いています)。

音楽や絵画が趣味という方もいらっしゃるでしょう。

一見、どれもお金がかかるように思えますが、もっとも興奮し楽しい時というのは、お金がない時に雑誌や新聞の切り抜きをしたり、友人の引っ越しの際にタダ同然で譲ってもらったりしている時ではないでしょうか。

息子はホテルで使わなくなった時刻表を大切にし、自宅で模型を走らせて、それを親が使わなくなった携帯電話で動画撮影して、車体ごとにフォルダに収めています。
しかも、その映像には、駅の売店で買った待合い音楽のメロディが鳴るキーホルダーで効果音まで入れています。

趣味を極めるとは、子供に変身することかもしれません。

私達は不況で大変な時代だからこそ、「ふっ」と子供に戻れる大好きな趣味を極めるべきなのかもしれませんね。

100系と0系が並ぶ。 各駅に停車する“こだま”には
日頃ほとんど乗る機会がない。
息子にとってはこのような車体番
号も貴重な思い出のようで.....
N700系と0系。新旧世代交代
の象徴的な場面に遭遇しました。
ダイエット実践報告 その37 「懺 悔」

2009年最初のニュースレターですが、私自身の不都合な真実をみなさんにご報告させていただきます。

“ダイエット実践報告”などと言っておきながら、4年前(2005年元旦)の体重100キロを越えてしまいました。

「どうもすみませんでした(涙)。」

弱い男です。笑ってやってください。

「4年間のダイエット実践報告とは一体何だったのか?」
「最初は順調だったはずの減量は、どのあたりから歯車が狂いだしたのか?」

私が今言えることはやはり重力。

私は春から秋にかけては非常に体調が良いのですが、40歳を目前に極端に寒さに弱くなってしまい、11月頃から朝のトレーニング後に身体を冷やすとすぐに風邪をひいてしまうのです。

子供の頃からいろんなスポーツを経験しているので、それなりのケアはしているつもりですが、ダメですね。

歳と共に身体が変化したという現実。

食べることが大好きなので、摂取カロリーを減らすダイエットではなく消費カロリーを増やすダイエットを実践していたのですが、トレーニングは休んでも食べることは休まない。

つまりダイエットどころか、太って当然の生活をしていたわけです。

一年の始めから暗い話題になってしまいましたが、簡単じゃないから人生は面白い。状況が変われば戦略も変わって当然。

目指すは私と同じ1970年生まれのクルム伊達公子さん。
年齢が一回り以上も若い世界トップクラスの選手達と互角に戦う伊達選手の姿を見て、感動しない人はいないはずです。

私もこれからは、若かった頃の自分の残像とお別れして、年季の入ったいぶし銀の自分を作っていけるように頑張っていこうと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。                                                                          (続く)

今月の学び
クルム伊達公子という素晴らしいお手本がいるじゃないか!
2009年1月20日の体重
2005年の元旦から3.6キロ増
めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その25〜「オバマ大統領の演説」
先日、出張先の書店で偶然見つけた“オバマ演説集 朝日出版社”。バラク・オバマ大統領の生音声CDに対訳までついて1,000円だから、買わないと損かもしれません。

実は、大学受験の時、夏の時点で偏差値が38だった私は、志望校に合格するために短期間で偏差値を60まで上げようという無謀な計画を立てました。

「全国の受験生の中でオレほどバカなやつはいないだろう」

と自覚していた私は、他人と違う方法で勉強しないと短期間で偏差値を20以上も上げることはできないと考え、計画を立てました。中でも『よくこんな勉強で成績が上がったなぁ』と思うのが英語の勉強法でした。

それは、東京SIM外語研究所のダン上野さんという方の教材で、受験用の参考書や問題集という感じではなく、キング牧師やケネディ大統領の演説をテープで聴き、後はひたすら音読するというものでした。

文法がわからなくても気にせず、わからない単語だけ辞書で調べて、とにかく英文を文章の頭から訳すという方法は、結果的には私に外国語学部の試験問題をもすらすら解答してしまうほどの驚異的な成果をもたらしてくれました。

大学入学後、野球に明け暮れた私はきれいさっぱりその感覚を忘れてしまいましたが、今回偶然出会ったオバマアメリカ合衆国大統領の演説集は、もう一度私に、あのスラスラ英語が読める感覚を甦らせてくれるかもしれません。

Change. オバマ大統領は熱く叫びます。
Yes, we can.  諦めてはいけないと.....                                                   (続く)
スナップ写真館
釣りパックの詳細はこちら→ 同窓会の詳細はこちら→
同窓会の詳細はこちら→ 同窓会の詳細はこちら→
釣りパックの詳細はこちら→ 釣りパックの詳細はこちら→
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ