HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.37
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.37 2006年2月9日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・誕生日のプレゼント
・便所掃除とお金持ちの関係
・居心地の悪い場所
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
湯たんぽにお茶を入れる!
ひとりごと
37歳の誕生日に妻が手帳をプレゼントしてくれた。

古い方は10年以上も使い続けていてボロボロだったが、

「立派に仕事ができるようになるまではこれで十分!」

と、周囲の「みっともないから買い換えろ!」という声を無視して、テープで補修しながら使っていた。

・・・が、プレゼントならそんなこだわりは関係ない。さっそく中身の引っ越しをした。たいしたものは入っていないのであっという間だった。しかし.....
最新版は見た目も豪華だが、内側にもカードを収納するための細工がいっぱい施してある。
だが私はクレジットカードを1枚も持っていない。

しばらく悩んだが、とりあえず財布にあったビデオレンタルの会員証と歯医者さんの診察券と献血手帳を差し込んでみた。
     
昔はよかった?
先日、いつも大変お世話になっているお客様のFさんから「これいいよ!」と、ある本をいただきました。

本のタイトルは“佐賀のがばいばあちゃん 徳間書店”

著者はコメディアンの島田洋七さんで、シリーズ3部作で230万部の大ベストセラーのようです。

泉ピン子さん主演でドラマにもなったというのですから、おそらくこれだけの話題作を今頃になって知ったのは私くらいではないでしょうか(笑)。

“佐賀のがばいばあちゃん”は貧乏と幸せについてのお話です。確か何年か前に“金持ち父さん、貧乏父さん ロバート・キヨサキ 筑摩書房 ”という本が大ヒットしましたが、その対極的な本ですね。

貧乏でも幸せ。
お金持ちだけど不幸せ。

第二次世界大戦でお父さんを亡くした洋七少年は、お母さんとお兄さんのいる広島から佐賀のお婆ちゃんのところに引っ越して、お婆ちゃんと二人で生活します。

運動会の日には、友達は両親と一緒に豪華な弁当を楽しそうに食べていますが、洋七少年は誰もいない教室でひとりぼっちのお弁当です。しかも日の丸弁当。

しかし、偶然にもそこに担任の先生が現れて、

「突然お腹が痛くなったから、梅干しの入ったお前の弁当と交換してくれ!」

と言います。
先生と交換したお弁当の蓋を開けると、中にはウインナーや揚げ物など驚くほどのご馳走がぎっしり詰まっていました。

そして先生の“偶然の腹痛”は翌年以降もずっと続きました。

ある時、洋七少年はそのラッキーな偶然をお婆ちゃんに話します。するとお婆ちゃんがこう言います。

「バ〜カ。それは先生がわざと言うとる。本当のことを言うとお前もお婆ちゃんも気を使うだろうが!」

一年に一度、親と一緒にお弁当を食べることができない洋七少年のために、先生達がご馳走を食べさせてあげようと話し合い、それが毎年洋七少年の担任の先生に引き継がれる。

「毎日便所掃除をする人にはお金持ちが多い!」

と億万長者が本に書くと、便所掃除を始める社長が急増したそうです。最近の「お金」「成功」「幸せ」などについて書かれたノウハウ本は、わかりやすさと具体性がないと売れないといいます。

しかし、佐賀のがばいばあちゃんを読むと、“結果を求めるための行い”というのがそもそも間違いであることに気付かせてくれます。

私は1年の始まりに素晴らしい1冊に出会えて、本当にラッキーでした。
もしまだ読んでおられない方はぜひ一度読んでみてください。私は恥ずかしながら“佐賀のがばいばあちゃん”を読んで3回も涙を流してしまいました。
(湯たんぽにお茶のエピソードはぜひ本を読んでください。)
めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その13〜
「焦る気持ちを利用する」

ふぅ〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだなのです。
何がまだかって、あれほど良いと騒いでいる(私だけが)音読筆写に、まだ取りかかってないのです。
さらに、例の2冊(VOL.36参照)も今はお休みしてます。

でもその代わりに、著者の中村澄子さんが発行するメールマガジンに毎回掲載される問題は必ず挑戦するようにしています。
メルマはこちら!

毎回1問出題されるのですが、上記2冊を徹底的にやっているためか、ほとんど間違えないのです。
そんなことですぐに有頂天になる私.....

どうも、1年間1日も休まずにあの2冊をひたすら繰り返した成果が確実に現れてきているようです。
ただ、こんなレベルではまだまだお話にならないということも、わかっているつもりです。

1ヶ月もあの反復練習を休んでしまうと、楽な反面、ものすごく焦りを感じます。習慣化することの最大の弱点は、小さな満足の状態で思考停止に陥ってしまうことかもしれません。

こんな時は、過去を一度スクラップにして、もう一度“居心地の悪い場所”に飛び込む覚悟が必要なんでしょうね。

.....とここまでは1月までのお話。
2月1日からついに音読筆写を始めました。1月中にたっぷりさぼった焦りのパワーで、一気に“居心地の悪い場所”を飛び越えてやろうと思います。
(続く)

まよいごと
私の誕生日に、スタッフの福富君はアディダスの手袋と○○○○○○○○をくれた。

○○○○○○○○なんて、私は初めて見た。

口を絞るひもが付いていたので、最初は巾着かと思ったが、底にも穴が空いているので巾着ではないと判明。
しかし、腹巻きにしては細すぎる。当然私には入らない。

最終的に自分としては『帽子だ!』と思ったが、万が一勘違いだったらいい笑いもんになるので、福富君にこっそり『巾着でも腹巻きでもなくて、帽子だよね?』とメールで聞いてみた。すると、

「社長、それはネックウォーマーですよ」
と優しい言葉が返ってきた。

しかし、運悪く彼女の隣にはスタッフの西森君がいたらしく、実は二人で化粧が剥げるくらい大笑いしたらしい。

頭にかぶって登場していたら、きっと引きつけを起こしていたことだろう。
ダイエット実践報告 その25 「たまには・・・」
今回はちょっと変わったお話をします(いつも変わってるかなぁ?)。

それは、私が経営しているホテルという仕事についてです。

ホテルには巨大な冷蔵庫やエアコン、ボイラー、消防設備、エレベーター、リフト、複雑きわまりない電話設備などがあります。
そして、これらの設備には、点検だけで1年間に何十万円という経費をかけています。

さらに、点検の際に機械の異変を発見したら、その補修や取替には百万円単位のお金がかかることもあります(涙)。

ホテルなんてそんなに儲かる商売でもないのに、
「神様はなんで私にこんな仕打ちをするんだぁ〜!」
と叫びたくなることがあります。

経費削減

この言葉ほど、解釈を間違えると大変なものはありません。

私には、上記の設備についてそれぞれ安心して相談できるスペシャリストがいます。

繰り返しになりますが、点検や修理は無料ではありません。しかし、突然故障してしまえば、元通りに復旧するまで、何日も営業ができなくなる可能性があるのです。

そうなれば、点検費用とは比べものにならない売り上げの損失が発生します。そんな時になって、

「あ〜、ケチケチせずに定期点検をしておくべきだった!」
と言ったところで後の祭りです。

自分の身体だって同じことです。
もったいないと思っても、たまには整体やマッサージに行って自分の身体のメンテナンスにお金を使いましょう。

痛みを我慢してジョギングをしているうちはいいですが、それが蓄積して、突然、

「歩くことすら困難になった!」

なんてことになったら大変ですよ。お互い気をつけましょうね。
(続く)
今月の学び
メンテナンスにはお金がかかるが、壊れてしまったらもっとお金がかかる。
2007年2月7日の体重
2005年の元旦から2.3キロ減
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ