HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.28
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.28 2006年3月24日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・最悪の敵とは?
・権力者嫌い
・挫折のパターン
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
徳 川 家 康 と 長 州 小 力 ?
まよいごと
最近夜飲みに出ると、うだうだと理屈を言ってしまう。

お酒を飲んでも記憶がなくなることがないので、朝になると言ったことが鮮明に思い出されて、昨夜の自分が嫌になる。

「あんたいったい何様のつもり?」

自分自身にそんな突っ込みを入れたくなる。
お酒というのは、自分の本性が出るから怖い。

やっぱ食いしんぼの私は、料理を食べながらその話題でお酒を飲むのが一番良いお酒になるのかなぁ。
よし!今度は楽しくお酒を飲む方法でも考えてみよう。
ダイエット実践報告 その16 「緩 急 自 在」
最悪のシーズン到来。

ダイエット断念の危機と言っても過言ではないかもしれません。
最悪の敵の名は“花粉症”。

目がかゆい。
鼻水が出る。
くしゃみが止まらない。
しまいにはひどい頭痛まで.....

朝、車のフロントガラスを見るとぞっとしてしまいます。目を凝らすと、花粉がベットリ付いているのです(黄砂もあるかも?)。こんな時期にウォーキングをすると、花粉の総攻撃にあってしまい大変です。

じゃあどうするか?

屋外の運動は一時休む。これに限ります。
ただし、多少の食事制限だけは続けます。そうするだけで気持ちが持続できるだけでなく、体重も現状をキープできるのです。そして、花粉の時期が終わったらまた思いっきり体を動かしましょう。
(続く)
今月の学び
花粉の時期はおとなしく。でも、多少の食事制限は続ける。
2006年3月22日の体重 2005年の元旦から6.8キロ減
しも○○だったら・・・

読書の春。
通常は「読書の秋」と言うものですが、なぜか今の私は「読書の春」。本が読みたい気分なのです。

現在読んでいるのは、
影武者徳川家康(上中下) 隆慶一郎著 新潮文庫

本多静六自伝 体験八十五年 本多静六著 実業之日本社
です。

“影武者徳川家康”は2年前にサンビームやないの前の古本屋さん“ブックセンター柳井”さんで「これおもしろいよ!」と薦められて購入しました。

古本屋さんでの本との出会いは、料理屋さんで大将のお薦めを注文するようなものです。
「おいしくないって言う人もいるけど、私は好きだね!」
この感覚です。
私のように偏った読書(本選び)をしてきた人間は、想定外の世界を体験したいものです。

江戸幕府を開いた徳川家康が、実は関ヶ原の合戦の際武田の忍びに暗殺されていたが、そのまま影武者の世良田二郎三郎が家康になりすましたまま天下を治めます。権力者嫌いの世良田二郎三郎が、生き残りをかけて奇抜な作戦を次々に展開する痛快なストーリーです。
私はこんな話が大好きです。

「もしも徳川家康が偽物だったとしたら・・・」
この本を読むと、これまで信じていた歴史上の人物もずいぶんイメージ変がわってしまいました。

「こんな見方もありなんだ」

テレビや新聞の報道を簡単に鵜呑みにしてしまう私のような単細胞な人間は、「もしも○○だったら」と、物事を反対側から解釈してみることも時には必要なのかもしれません。

もう一つの“本多静六自伝 体験八十五年”は、今から140年も前に生まれた人の自伝です。
「人生即努力 努力即幸福」という、最近売れている、「株で1億・・・」「インターネットで楽して儲ける」系の本とは対極にあるものですが、私は非常に感銘を受けました。

それにしても、花粉症はひどいし、腰は痛いし、小遣いは少ないし(関係ないか)。おまけに理屈病。
ダイエットじゃないけれど、こんな時は行動は控え目にして、本でも読んでじっとしているに限りますよね。

めざせTOEIC Test 700点オーバー 〜ホテルマンのドラゴン桜 その3〜
「まずは第一関門突破!」

「学生の頃も今も変わらないなぁ」と思うことが一つ。

それは、勉強の計画を立てる行為というのは実に楽しいものですが、いざ目の前の一歩を踏み出したとたんに苦しくて苦しくて絶望的な気持ちになってしまうということです。

“1日1分レッスン!TOEIC Test” 中村澄子著 祥伝社黄金文庫

TOEIC試験頻出の141問が1問1答のクイズ形式になっています。私は1月12日から1日2問(4ページ分)のペースで進みました(3月23日に一応終了)。

しかし、どうも最初のうちは脳が英語の勉強というか、とにかく理解や暗記に拒絶反応をしめします。1週間を過ぎた頃になると、初日の1・2問目から7日目の13・14問目まで、1日のノルマをこなすのにかなり時間がかかるので、正直私も「こりゃぁとんでもないことになったぞ!」と、最初の宣言とは裏腹に、“断念”の2文字が頭をかすめました。

それでもどうにか踏みとどまれたのは、この紙面を通してみなさんに宣言をしているからでした。

宣言しているのと宣言していないのでは、結果が大きく変わります。漫画“ドラゴン桜”でも桜木先生が「東大合格」
を全校生徒の前で宣言するシーンがあります。

私はスタートから1ヶ月間、大変苦しみました。しかし、1ヶ月を過ぎると、少しずつ記憶が確かな蓄積となったことが実感でき、要領も良くなったような気がします。

開始直後の苦しさについては、表面で紹介させていただいた“本多静六自伝 体験八十五年 本多静六著 実業之日本社”の140ページにも同じようなことが書いてありました。

漫画“ドラゴン桜”を読んで、軽い気持ちで始めたTOEIC挑戦。読んでいる時は共感できていたのに、いざ勉強をする当事者になってみると、長いトンネルに入ったような気分になってしまう。

もしかすると、勉強する際に何度も挫折しそうになることは必然のパターンなのかもしれませんね。

ひとりごと
なんと妻は長州小力だった。

黒いTシャツを着ている妻らしき人に私が背後から、
「キレてませんか?」
と声をかけたところ、
「キレてないですよ!」
と確かに答えたのだ。

そして、振り向いたその人はやはり私の妻だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つ、つい書いてしまった。後が怖いなぁ.....
思い出話を柳井グランドホテルで 「同窓会は学生時代への時間旅行です。」
スポーツ合宿 in 柳井グランドホテル 「仲間達と一緒に汗を流した思い出は一生の宝物です。」
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ