HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.24
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.24 2005年11月25日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・変わり者の友は、変わり者
・先祖代々の・・・
・力士の再就職とは?
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
「大掃除にいかがですか?」
これが無茶苦茶かわいいんですよ...
先月号で、私は天の邪鬼(変わり者、ひねくれ者)だと書きましたが、私の友人も変わった人が多いようです。

親友であり、柳井グランドホテルのホームページの制作者でもある橋本さん(福岡県在住熱狂的阪神ファン) との付き合いは、早いもので8年になります。
先日、彼とヨドバシカメラ内のお好み焼き屋さんで食事をしながら、最近大改装をしたばかりのホームページ(http;//www.yg-hotel.co.jp)の今後について、打ち合わせをした時のことです。

「ボクねぇ、最近、すごい掃除機を買ったんですよぉ。何がすごいかって、このくらい(約35センチ)の大きさで円盤みたいな形をしてるんだけど、それが部屋中を勝手に掃除してくれて、ほこりがなくなったら自分で充電器に戻るんですよ。本当に
かわいくて!

掃除機を“かわいい”と言った時点でかなりヤバイ。

しかし、半信半疑だった私も、実物を見るとかわいいと思ってしまいました。ですが、8万円もする掃除機を、「あんまりかわいいからつい買っちゃった!」なんてとても妻に言えません。だから、

「確かにかわいいけど、今回はやめとくよ。」
と言いました。すると橋本さんは、
「手持ち(のお金)がないなら立て替えときますよ。」とさらにおせっかいを焼くではないですか。

「絶対買うべきだって!」

彼があんまりしつこいので、私は
「こいつヨドバシカメラのホームページやチラシを自分の会社で作ってんじゃないの?」と、内心疑ったほどです。

結局、「松前さんが買わないのなら、ボクが購入する」と彼は半分怒って、8万円もする掃除機をその場で購入してしまいました。しかも、彼にとっては二台目の掃除機です。
帰りの電車の中で、「買っとけば良かったかなぁ」と少し後悔しましたが、まだまだ修行中の身で稼ぎの悪い私ごときが、そのような衝動買いをするのは10年早いと思いました。

しかし、妻に携帯でこのことを伝えると「買ってくれば良かったのに〜」と、本当に残念そうに言うのです。私は内心、「いつも苦労をかけているから、無理してでも今から戻って買おうかなぁ」と思いました。
でも、わが家の場合、購入するなら、自動掃除機君に前もって言っておかなくてはならないことがあります。「忙しすぎて充電する間がなくても、休憩だけはきちんととってよ。故障したら何にもならないよ!」と。
耳寄り情報・・・本文中で橋本さんが「かわいい?」と言った掃除機の正式名称は、自動掃除機“ルンバ・ディスカバリー”です。アメリカ・iRobot社の製品です。確か、橋本さんは1階と2階に分けて飼う(あえてこう表現しています)と言っていましたが、同じフロアで2匹(あえてこう表現しています)飼うとどうなるのでしょうか?ケンカはしないと思いますが、動く物同士、どこまでセンサーが対応できるのか?まさか8万円もする掃除機で実験する人はいないでしょうが、お互いに譲り合ったらさらにかわいいことでしょう。もし、思いがけず私がこの自動掃除機“ルンバ・ディスカバリー”を購入できるとしたら、一つだけ心配なことがあります。それは、私が夜酔っぱらって帰ってきた時、掃除機君を踏みつぶしてしまうことです。ちゃんとよけてくれると良いのですが・・・
昔ながらの...
今の時期、ホテルでは忘年会やおせち料理の仕込みなどで、非常にバタバタしています。毎年恒例の年末風景といった感じですが、ついこの間まで「いつまでも暑いね!」と言っていたのがウソのようです。

寒くなってくると、頭に浮かぶのはお鍋やおでん。この時ばかりは、ビールが大好きな私も、つい「熱燗!」と言いたくなります。

鍋好きの私は、食材がそろわなければ、湯豆腐でも構いません。ただし、ポン酢はカボスなどを十分に搾ったものと決めています。時々、ホテルの厨房で、カボスの絞り汁に昆布や鰹などを加えて仕込んだ料理長オリジナルのポン酢をもらって帰りますが、この味を一度おぼえると既製品は食べられなくなってしまいます。

たかがポン酢と言ってしまえばそれまでですが、大変な手間をかけて昔ながらのポン酢を作ってくれる料理長の仕事ぶりが、私は大好きです。

昔ながらと言えばもう一つ、寒くなってくると息子の鼻から“あおっぱな”が垂れてきます。

実は、これは遺伝なのです。

最近の子供さんで“あおっぱな”を垂らしている子はあまり見かけなくなりましたが、わが松前家では伝統が守られているようです。

私は子供の頃“はなたれ小僧様”と呼ばれ、友達が私に向かって手を合わせておがんでいました(笑)。昔話でそういう人がいて、その人が鼻をすすると願い事が叶うというのがあったのです。
また、近所の真面目な子からは、「どうしてとし君はいつもはなが出てるの?」と、答えようのない質問をされたこともあります。

息子の友達はあおっぱなのことを「黄緑色の物体」と言うそうです。子供達のつけるネーミングのセンスには本当に脱帽です。

「そういえばいつからだろう。私が“あおっぱな”を垂らさなくなったのは?」
ダイエット実践報告 その11 「オレも痩せようと思うんだけど」
最近、私は、知り合いから《ダイエット宣言》を聞かされることが多くなりました。どうもダイエットを思い立つと、私のことを思い出してくださるようです(笑)。

しかし、宣言をされたみなさんが考える具体的な方法というのは、なぜか決まっています。
◎食べない!
◎飲まない!
◎ジョギングを始める!

「そんなの誰だって知ってますよ!」と言いたくなってしまいます。
そして、行き詰まる頃になると、今度は、
すぐに満腹を感じるツボに針をしてもらった!
・このネックレスをして10キロも痩せた人がいるの!
・天然成分100%のサプリメントを発見した!
と作戦変更の知らせが届きます。しかも、自分だけすれば良いのに、私にまで薦めてこられるのです。

私の個人的な考えとしては、別にそれらが怪しい商品であって、みなさんが弱みにつけ込まれて買わされているなどとは、まったく思っていません。本当です。

ただ不思議なのは、その商品を10年も20年も続けて愛用していて、そのおかげで健康体を維持しているという人に、私はお目にかかったことがないのです。おそらく一部の詐欺的な商品を除けば、どんな商品や方法でも継続すればダイエットの効果はあると思います。

問題は、継続する意志の強さが足りないことではないでしょうか。これは、これまでにもさんざん繰り返してきたので、「また松前が同じことを言って!」と思われるかもしれませんが、原則だから仕方ありません。

小手先のテクニックで、一時的な減量には成功しても、最後には“継続という魔物”をクリアしなければ、1年後には“リバウンドした”という武勇伝を友人達に披露する羽目になることでしょう。

こんなことを考えたことがあります。本当に誰もが痩せられるのなら、引退した力士は、痛い思いをしてプロレスやK-1のリングに上がらなくても、「150キロの私が、まったく努力も我慢をせずに、これを飲むだけで80キロになりました。」とダイエット商品のモニターをするのでは、と。(続く)
今月の学び
継続という魔物を克服しなくてはならない。
11月23日の体重 元旦から6.2キロ減
ひとりごと
午後8時15分。
私はいつものように、帰宅後すぐに風呂に入った。

湯船に浸かりながら「おなかがすいたなぁ〜」とつぶやく。

プルルッ、プルルッ、プルルッ!

どうも、メールが入ったらしい。
妻からのようだ。

「まだイ○ミで買い物中です。晩御飯は子供達の希望でシチューになりました。帰ったらすぐに作ります。」

(まだイ○ミか。でも、あと少しの辛抱だ。もうすぐ夕飯にありつけるぞ)

・・・30分経過
妻と子供達はまだ帰ってこない。

・・・さらに数分後
ガチャッ。(おっ、帰ってきたか)

「ただいま〜!」
妻と子供達が帰宅。しかし、妻の様子がおかしい。

なぜか怒っている?????

「もう、お父さんからも言ってやってよぉ。えみのやつラブ&ベリーやるってきかないんだから、ブツブツブツブツ.....」

おなかが空いてイライラしているのは私だ。しかし、妻が絶妙なカウンターパンチを浴びせてきた。逆ギレ状態の妻に、私は何も言えなくなってしまった。

先手必勝とはこのことかと思った。
「ニュースレターはいかがですか?」
最近、“笑いあり、涙あり、おもてなしの悪戦苦闘”のバックナンバーが読みたいというお問い合わせを多くいただいております。そこで、度々送付するのも大変なので、本ホームページで公開しております。興味のある方は、ぜひご覧下さい。私も、過去に書いたことと同じことを書かないために、時々、本ホームページで読み返しています。全体のレイアウトを、ペーパーの方とは変えているので、以外に新鮮な感じがしますよ。
http://www.yg-hotel.co.jp/newsletter/index.html
「平成17年もあと少し。忘年会は、もうされましたか?」
忘年会の会場選びをされる前に、私からあなた様へご提案がございます!
詳しくは今すぐこちらをご覧ください
http://www.yg-hotel.co.jp/enkai_bonenkai.html
まよいごと
大人に近づくにつれて、私の“あおっぱな”は止まった。しかし、シーンと静まりかえった場所にいると、私の鼻は“シュー シュー”という音がする。

そう。まるでダースベイダーのように。

どうも“あおっぱな”は止まったが、“鼻息の荒い人”になってしまったようだ。
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ