HOME > 実体験!ニュースレター > VOL.20
実体験!ニュースレター
ホーム
館内 交通マップ ご宿泊 ご昼食 結婚式
ゴルフパック
釣りパック スポーツ合宿 ご法要 同窓会 ご宴会
実体験ニュースレターVOL.20 2005年7月22日発行
笑いあり、涙あり おもてなしの悪戦苦闘! 〜感動のツボ研究会〜
ハイライト
・えみちゃんの暴言
・昭和のオムライス?
・ダイエット実践報告その7
すべての宛先はこちらです
編集人 松前俊健
発行所 〒742-0035 山口県柳井市中央2-2-22 柳井グランドホテル
電話 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
ホームページ http://www.yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルがテレビに出たよ!
6月20・21日の2日間で、KBC九州朝日放送の取材を受けました。内容は釣りパック“穴場へご案内”。初日の料理撮影では緊張してみっともない姿をさらしてしまいましたが、翌日の釣りや浜料理の撮影ではそれなりに頑張りました。九州ではKBCで7/17(日)に放映され、山口県は、YABで7/24(日)に放映されました。KBCテレビ るり色の砂時計〜これまでの旅 バックナンバー〜にて詳細をご覧いただけます
どっちがおいしいの?
私は新鮮な刺身を厚切りで食べるのが好きです。皮をカリッと焼いたウナギの蒲焼きも好きです。地タコのぶつ切りを酢味噌で食べるのも好きです。鰆(さわら)の塩焼きも好きです。鯛のカブト煮も好きです。ジューシーな黒豚のトンカツも好きです。鯛の潮汁も好きです。etc....

このどれか一品に、白めしがあれば、もう何もいりません。

しかし、私にとっての大好きは、他人にとっては大嫌いの場合もあります。

ウナギやハモのような長いものはダメ。タコやイカは堅いからダメ。豚肉はダメ。
さらに、刺身は薄切りで・・・うなぎは蒸した方が・・・鰆は照り焼きで・・・
と、食材は同じでも、食べ方の好みはそれぞれです。

“美味しんぼ”という人気マンガで海原雄山のモデルとされている北大路魯山人は著書の中で、高級食材の鯛について、一番は刺身、二番は塩焼き、三番はカブト煮が良いと言っています。

実は、これは鯛に限ったことではなく、ほとんどの食材で当てはまります。そして、一見シンプルな調理法ほど、食材の目利き(めきき)や火加減、味加減が難しいのです。
例えば、魚の旨味を引き出すという点から考えると、日本の塩焼きは、世界で最も優れた調理法の一つといわれています。塩をする目的は、塩味を付けるというよりは、むしろ、魚の水分を抜いて旨味を凝縮させるところにあります。
塩を簡単にパッパとふって焼いているだけのように見えて、塩焼きはすごく繊細な日本が世界に誇れる奥の深い調理法なのです。

オムライスというポピュラーな料理があります。伊藤博文記念館の前に桂花茶房さん(0820-48-5545)というオムライス専門店があります。女性オーナーらしいメニュー構成で、トマトソース・ホワイトソース・和風ソースをベースに、色々な具材のトッピングが楽しめる創作オムライスは、アイデアだけでなく、味も本格派です。

しかし、オムライスといえば甘くて濃厚なトマトケチャップがたっぷりかかったものをイメージする方も多いと思います。これを食べるときは、スープよりも赤だしが相性抜群です。私の知り合いが博多天神で昭和30年代をイメージした居酒屋を経営しています。ここの裏メニューのオムライスは、あの懐かしい濃厚ケチャップのオムライスです。

こだわり料理が食べたいなら、「桂花茶房さんのオムライスとどっちがおいしいの?」ではなく、「今日はどっちの気分かな?」が正解です。
ひとりごと
4歳の娘が、風呂上がりのお婆ちゃんを見て言った。
−娘 「うわ〜、まずそうなオッパイ!」
−お婆ちゃん 「・・・・・・・・・・(絶句)」
どうも娘は、オッパイを食料としてみているらしい。
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内 柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp
柳井グランドホテルロゴ