第20話 入校から1ヶ月後、ハーレーにまたがり疾走する私!
第19話 「合格です!おめでとうございます」
第18話 「ついに運命の卒業検定!」
第17話 「最後の教習!」
第16話 「今の私は80点!」
第15話 「万が一の恐怖!」
第14話 濡れた路面の恐怖!
第13話 「教官と仲良しな教習所の主」
第12話 たまらなく面白い“バカ”の世界とは?
第11話 「もの凄く恐がりな人」
第10話 低速走行を安定させるための大変重要なコツとは?
第9話 「曲がりながらアクセルを回すのは怖い」
第8話 「平常心!」
第7話 「客観的な視点はすごく大切!」
第6話 「急ぎながらも、冷静に集中する。」
第5話 「昨日の無様な姿を撮っとけば良かったなぁ」
第4話 「悔しい・・・」
第3話 「昨日よりはずいぶんなめらかになったね」
第2話 いきなり「今日は乗る?」
第1話 「モチベーションの維持はもっとも大事!」





ハーレーダビッドソン福岡

ハーレーツーリングレポート
30
第11話 「もの凄く恐がりな人」
2006.11/17
教習10日目。今日は水本教官でした。いつもの復習で、やはり8の字のところで右回りがぎこちない事を指摘されましたが、その他はクランクもS字も、一本橋もスラロームも、格好は悪いかもしれませんが、一応問題なく通過できました。さすがに慣れてきたのでしょうね。
特に昨日、一本橋で安定するためのコツとして、半クラの状態で後ブレーキを強めに踏むことを山根教官から教わったので、一本橋はかなり良くなってきたように思いました。
動画 今日は後ろから
波状路は、昨日山根教官に伝授していただいて、以前よりは良くなったけれど、まだまだです(写真上・中)。
立った姿勢で下半身に力を入れて踏ん張り、逆に腕の力は抜かないといけないのですが、これができない。しかも、揺れるとどうしても、おしりが下がり、客観的に見ると、「もの凄く恐がりな人」みたいなのです(まぁ、それは事実ですが・・・)。
それでも、教官の言葉を聞いて、それなりに身体が反応するようになったので、少しバイクが身体に馴染んできたのだと思います。
それと、スラロームで水本教官が、アクセルを回しすぎないように指摘してくださったのですが、回しすぎず、戻しすぎず、ブレーキも踏みすぎないように楽〜に通過しようとするといい感じでできたときが何回かありました。
この『何回か』というのが現実なのです。
コツを覚えたつもりでも、どこかが良くなると、別の悪い動作が出てくるので、簡単ではないのです。一晩経てばほとんどゼロに戻ってしまうような感覚が初めのうちはありましたが、三分の二が終わってみると、毎日少しずつだけど確実に進歩しているんだと思うようになりました。
後半は法規走行と、急制動の練習でしたが、私はどうも前ブレーキをほとんどかけないらしく、そうするとバイクの場合後輪がロックしてしまい危ないことがわかりました。実は、これにはわけがあって、私は子供の頃自転車で悪ふざけをしていたときに、駄菓子屋さんの前まで猛スピードで突進して寸前で前ブレーキをきかせて止まろうとしたところ、後輪が宙に浮いて空中で私も自転車も真っ逆さまに転落するという悲惨な事故をした経験したことがあるのです。
水本教官にこの話をすると、「ああ、そうですか〜」と、簡単にあしらわれてしまったのですが、まあそんなこともあったけど、バイクは自転車とは違うということで、気持ちを切り替えていこうと思います。明日も頑張るぞ!  (FXST ソフテイル・スタンダード 排気量1584cc ビビッドブラック ¥1,887,000)
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内
柳井グランドホテルロゴ
柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp