第20話 入校から1ヶ月後、ハーレーにまたがり疾走する私!
第19話 「合格です!おめでとうございます」
第18話 「ついに運命の卒業検定!」
第17話 「最後の教習!」
第16話 「今の私は80点!」
第15話 「万が一の恐怖!」
第14話 濡れた路面の恐怖!
第13話 「教官と仲良しな教習所の主」
第12話 たまらなく面白い“バカ”の世界とは?
第11話 「もの凄く恐がりな人」
第10話 低速走行を安定させるための大変重要なコツとは?
第9話 「曲がりながらアクセルを回すのは怖い」
第8話 「平常心!」
第7話 「客観的な視点はすごく大切!」
第6話 「急ぎながらも、冷静に集中する。」
第5話 「昨日の無様な姿を撮っとけば良かったなぁ」
第4話 「悔しい・・・」
第3話 「昨日よりはずいぶんなめらかになったね」
第2話 いきなり「今日は乗る?」
第1話 「モチベーションの維持はもっとも大事!」





ハーレーダビッドソン福岡

ハーレーツーリングレポート
30
第7話 「客観的な視点はすごく大切!」
2006.11/1
教習6日目。久しぶりにカラッと晴れた1日でした(教習所に入って初かな?)。11時間目の今日は、シュミレーターというバイクのゲームみたいなものに乗りました(写真上)。曲がり方とブレーキの練習が主な内容でしたが、2輪免許も持ってない私が言うのも変ですが、この機械自体にはあまり意味がないように思いました。ただ、教官とバイクにまたがった状態でなく、座ってゆっくりと色々な話ができたことは収穫でした(そこが狙いなのかなぁ?)。
動画 スラロームに挑む私
シュミレーター(写真中 私がまたがると本当におもちゃに見える!)の後の12時間目は、ずっと復習でした。前回の教習から3日間もブランクがあったので、身体がすっかり忘れてしまっています。いきなりエンストに始まり、アクセルの加減も無茶苦茶でエンジンが「ウォーン!」と凄い音を出してしまう。クランクでは膝でタンクを挟むのを忘れていて、その結果肩・腕に力が入りコーンを倒してしまいました。教官から「膝が開いてる」と忠告を受けた後は、肩・腕の力が抜けて楽に曲がることができましたが、「10時間バイクに乗ったくらいでは、身体がこんなにも簡単に忘れてしまうものなのか?」と自分が情けなくなりました。まだ、考えながら運転をしている証拠だと思います。
車を運転しながら、「はいアクセル!」「はいクラッチ!」「はいブレーキ!」なんて、頭で考えることはありません。でも、バイクの場合はまだ、「はい、後ブレーキ」と言われると、一瞬考えてしまうのです。その間に別の動作が止まる。そして、エンスト(又は、バランスを崩す)。でも、復習しているうちにだんだんと身体が操作を思い出すので、前回よりも内容が悪くなるということはありません。クランクの次はスラローム。今日はすぐにタイムをとったのですが、最初7.8秒。2回目7.3秒。3回目7.15秒。4回目7.03秒。段々良くなりますが、合格ラインは7秒を切ること。 「おしいねぇ。ちょっとブレーキが強すぎるのかなぁ?」  水本教官のこの一言でガラッと変わりました。 それから後ブレーキを少し緩めるだけで6.8秒。その次は6.55秒と、軽々と合格ラインをクリアできました。客観的な視点がいかに大切であるかが良くわかる一場面でした。
そして、前回苦労した1本橋。今回は最初に立ち乗りをして、下半身でしっかりバイクを支える感覚を練習しました。そしてトライ...   最初こそ8秒でしたが、前回は渡りきることすら困難だったのですから、タイムはそんなに気になりませんでした。その後、何度か繰り返して、最終的には10.05秒、10.16秒と、2回合格タイムを出すことができました。 「身体で覚えるためには、脳で考えることを一時ストップする必要がある」   今日は本当に収穫の多い1時間でした。次回はエンストしないように、半クラを長く保つことと、アクセルの加減を意識しようと思います。   (写真下 FXDC ダイナ・スーパーグライド・カスタム 排気量1584cc ビビッドブラック ¥1,895,000)
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内
柳井グランドホテルロゴ
柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp