第20話 入校から1ヶ月後、ハーレーにまたがり疾走する私!
第19話 「合格です!おめでとうございます」
第18話 「ついに運命の卒業検定!」
第17話 「最後の教習!」
第16話 「今の私は80点!」
第15話 「万が一の恐怖!」
第14話 濡れた路面の恐怖!
第13話 「教官と仲良しな教習所の主」
第12話 たまらなく面白い“バカ”の世界とは?
第11話 「もの凄く恐がりな人」
第10話 低速走行を安定させるための大変重要なコツとは?
第9話 「曲がりながらアクセルを回すのは怖い」
第8話 「平常心!」
第7話 「客観的な視点はすごく大切!」
第6話 「急ぎながらも、冷静に集中する。」
第5話 「昨日の無様な姿を撮っとけば良かったなぁ」
第4話 「悔しい・・・」
第3話 「昨日よりはずいぶんなめらかになったね」
第2話 いきなり「今日は乗る?」
第1話 「モチベーションの維持はもっとも大事!」





ハーレーダビッドソン福岡

ハーレーツーリングレポート
30
第9話 「曲がりながらアクセルを回すのは怖い」
2006.11/3
教習8日目。いよいよターニングポイントにさしかかりました。まずはシュミレーター。あの、ゲームみたいなものにまたもや乗りました。31時間のうち4時間もアレに乗らないといけないのだそうで、正直『時間とお金がもったいない』と思いました。今回は法規運転のシュミレーションで、どの位でウィンカーをだして、一時停止できちんと止まって、障害物があればよける、というようなものでしたが、日頃から自動車に乗っているので、特に驚くようなことは何もなく、当たり前のことばかりでした。
その他、この時間は、教官からAコース・Bコース二通りのテストコースのプリントをもらい、説明を受けました。はじめて知りましたが、教習車には丸いライトの上に赤・黄・青の三つの小さなライトがついているのですが、「赤は40キロ以上出たら点灯」「黄色はエンストしたら点灯」「青は前ブレーキをかけたら点灯」するそうです。自動車のように教官が横に乗車しているわけではないので、こうやってチェックしていたんですね。ウソはつけないなぁ〜(笑)。
動画 試練の一本橋
後半はバイクに乗りました。いつも通りの復習ですが、今日は8の字でつまずきました。カーブの時にアクセルを全く回さないので、教官の後をついて走っていると、何周もするうちにどんどん差が開いてしまうのです。しかし、曲がりながらアクセルを回すのは怖い。ホント、ものすごく怖いのです(涙)。ずっと反復しているうちに、教官からは、「だいぶ良くなった!」とお褒めの言葉をいただきましたが、まだまだ怖がっていることは、自分が一番良くわかっています(写真上 曲がりながらアクセルを回す練習を繰り返す私)。
その後、S字とクランクは無難におわり、スラロームも自分では「ダメだ!」と思いましたが、タイムは6.5秒でした。しかし、一本橋が良くなかった。またです、また。頭で考えると、脱輪してしまうのです。じゃあ、考えなければいいのかというと、今は練習なので、考えて失敗して、意識しながらできるようにならないと本物ではないと思うのです。今、考えずにできたとしても、なぜできているのかがわかっていなければ、一度コツを忘れてしまうと、なかなか元に戻れないと思うのです。 ・・・で、最終的にはできました(写真中 一本橋の際の姿勢が良くなってきた)。でも今日やってまた一日空くと、半分は忘れてしまうんだろうなぁ〜。   (写真下 FXDB ダイナ・ストリートボブ 排気量 1584cc ビビッドブラック ¥1,775,000)
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内
柳井グランドホテルロゴ
柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp