第20話 入校から1ヶ月後、ハーレーにまたがり疾走する私!
第19話 「合格です!おめでとうございます」
第18話 「ついに運命の卒業検定!」
第17話 「最後の教習!」
第16話 「今の私は80点!」
第15話 「万が一の恐怖!」
第14話 濡れた路面の恐怖!
第13話 「教官と仲良しな教習所の主」
第12話 たまらなく面白い“バカ”の世界とは?
第11話 「もの凄く恐がりな人」
第10話 低速走行を安定させるための大変重要なコツとは?
第9話 「曲がりながらアクセルを回すのは怖い」
第8話 「平常心!」
第7話 「客観的な視点はすごく大切!」
第6話 「急ぎながらも、冷静に集中する。」
第5話 「昨日の無様な姿を撮っとけば良かったなぁ」
第4話 「悔しい・・・」
第3話 「昨日よりはずいぶんなめらかになったね」
第2話 いきなり「今日は乗る?」
第1話 「モチベーションの維持はもっとも大事!」





ハーレーダビッドソン福岡

ハーレーツーリングレポート
30
第10話 低速走行を安定させるための大変重要なコツとは?
2006.11/10
教習9日目。今日は、本来は予約が取れなかったのですが、朝、教習所に電話をして、「空きがあれば2時間ほどお願いします。」と懇願したところ、2時間目から2時間続けて受けさせていただけるということで、急いで仕事を片付けて教習所へ向かいました。ギリギリまで仕事の打ち合わせがあったので、家に帰って着替えることができず、今日はスーツ姿で上着だけカジュアルなものを羽織りました。これでヘルメットをかぶると、
「まるで銀行か郵便局の外回りの人みたい」
と教習所でも教官から大受けでした(写真上 仕事着で波状路に挑む私)。
さて、今日は指導員の全国大会で入賞の実績を持つ凄腕の山根教官がはじめて担当してくださり、最初の復習から気付きをガンガン指摘してくださいました。
まず、最近はこればかりですが、例の一本橋では、
「アクセルは一定に回しながら後ブレーキを強めに踏むことで後輪が下がるので安定する」
と教わり、なんと私の後に乗りながら手を添えてそれを体感させてくださいました。そして、それは低速走行を安定させるための大変重要なコツだと知りました。
動画 「あらっ...」
そして、前回は軽く流した程度だった波状路では、
「タンクの注入口の上あたりまで腰を突き出すように!でも、ハンドルに体重をかけてはいけないよ」
と教わりました。しかし、平地ではそこそこ格好良く(写真中)できるのですが、いざ波状路に入るとガタガタという揺れと一緒にアクセルやクラッチも回ってしまい、渡りきるのがやっとという感じでした。ちなみにこの練習で、この日は午後からの仕事中ずっと腕と足がだるく脱力状態でした。余分な力が入りすぎている証拠でしょう。
後半は法規走行ということで、テストコースのAを教官と一緒に走りました。
ミラーでの確認や左右の目視やなどは自動車の運転でも注意深く行う私ですが、バイクになると運転に気がいってしまい、目視はできるのですが、ミラーを見る余裕がないことに気付きました。さらに、ウィンカーをだしても車のように自動で戻らないので、そのままだしっぱなしにしたケースが多かったように思います。しかし、法規走行は技術的な難しさがあるわけではないので、気を抜かずに慎重に運転をしていけば何とかなると思いました。
今日までに水本さん、近崎さん、山根さんの三名の教官から色々なコツを教わりましたが、みなさんがそれぞれ違う目線で伝授してくださったことを無駄にすることなく身体に染み込ませて、もっと安心して見ていられる運転ができるようになりたいと思いました。 (FLSTSC ソフテイル・スプリンガー・クラシック・オリーブ 排気量1584cc パール&ビビッドブラック ¥2,446,000)  
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内
柳井グランドホテルロゴ
柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp