次のレポートへ→
第20話 入校から1ヶ月後、ハーレーにまたがり疾走する私!
第19話 「合格です!おめでとうございます」
第18話 「ついに運命の卒業検定!」
第17話 「最後の教習!」
第16話 「今の私は80点!」
第15話 「万が一の恐怖!」
第14話 濡れた路面の恐怖!
第13話 「教官と仲良しな教習所の主」
第12話 たまらなく面白い“バカ”の世界とは?
第11話 「もの凄く恐がりな人」
第10話 低速走行を安定させるための大変重要なコツとは?
第9話 「曲がりながらアクセルを回すのは怖い」
第8話 「平常心!」
第7話 「客観的な視点はすごく大切!」
第6話 「急ぎながらも、冷静に集中する。」
第5話 「昨日の無様な姿を撮っとけば良かったなぁ」
第4話 「悔しい・・・」
第3話 「昨日よりはずいぶんなめらかになったね」
第2話 いきなり「今日は乗る?」
第1話 「モチベーションの維持はもっとも大事!」





ハーレーダビッドソン福岡

ハーレーツーリングレポート
30
第20話 入校から1ヶ月後、ハーレーにまたがり疾走する私!
2007.2/2
「大型バイクの免許を取るぞ!」
こんなことを口走らなかったら、1ヶ月後の私のこの姿はなかったことでしょう。たった1ヶ月で人生観が変わる。そういっても過言ではない素晴らしい世界がそこにありました。
大型バイクの教習は、最後まで教習所内で行われるので、路上を大型バイクで走るのは初めての経験でした。

ボロボロボロボロ・・・ドンドンドン・・ブルンブルン!!!
(写真上 試乗車にまたがる私と撮影に協力してくださったハーレーダビットソン福岡WESTの西本社長)
情緒たっぷりのカントリーロードを、極上の澄んだ空気を身体全体で感じながら走り抜ける開放感。仕事や人間関係で疲れ切った体中のドロドロした垢をハーレー特有のエンジン音と爽やかな風が浄化してくれるのがわかります(写真中 試乗の途中ハーレーダビットソン福岡WESTの近くで撮影)。

光自動車学校のスゴ腕教官による指導のおかげで、最初からいきなり排気量1000?を軽く越えるハーレーに乗ってもまったく不安はありません。実は、
「ハーレーのようなアメリカンはローテク。乗りにくい上に故障しやすい。」という先入観を私は持っていました。
しかし実際にハーレーに乗ってみて私が感じたのは、
「ハーレーはもの凄く乗り手に優しい、快適かつ超高性能なバイクだ!」ということでした。

とにかく運転がしやすい。排気量が大きいので、車に例えると、まさにベンツの乗り心地。軽自動車に乗って時速60キロで走ると、突然の横風や、障害物を避けようとしてハンドルを切ったりすると、車が横転してしまうのではないかというような不安定さがありますが、ベンツに乗って時速60キロで走行中にそのようなことがあっても、まったく問題がないばかりか、さらに100キロ以上の高速で走っていても、安心感と爽快感だけが強調されます。
動画 ついにハーレーに乗る私
まさにハーレーにはそれがあるのです。
私は危険と隣り合わせのようなことは絶対にしたくありません。
そんな一瞬の快感に、一生を棒に振るほどの価値はあるとは思えないのです。そんな私だから、ハーレーの安心感、爽快感の虜になってしまったのかもしれません。

途中、海岸線沿いの食堂で新鮮な煮魚定食を食べました。ツーリング。そして、うまい昼飯。おもてなしの仕事をしている私は、ハーレーに乗ることで、今まで演出することのできなかった “お客様をワクワクさせる遊び心たっぷりの発想”が自然に身に付くような気がしてきました。まっ、それについてはまた別の機会で...(続く)。(写真下 VRSCDX ナイトロッド・スペシャル ビビッドブラック&ブラックデニム 排気量1131cc ¥2,220,000)
次のレポートへ→
JR柳井駅、白壁の町並み、コンビニ・飲み屋さんまで3分以内
柳井グランドホテルロゴ
柳井グランドホテル〜公式ホームページ〜
〒742-0035 山口県柳井市駅通り
TEL 0820-23-0030 FAX 0820-22-0535
URL http://www.yg-hotel.co.jp MAIL info@yg-hotel.co.jp